로그인 회원가입 1:1문의하기 마이페이지
과제물/레포트 출석수업대체시험 기말시험 계절시험 핵심요약노트(교재전범위)
2020년 2학기 일본어문학여행 출석수업대체시험 과제물(이민호 입장의 감사 편지 쓰기)
자료구성 일본어문학여행 과제물 완성본(견본)
해당학과 일본학과 자료출간일 2020년 11월 1일
학년/학기 4학년/2학기 페이지수 4
자료형태 ZIP (24.42 KB) 자료가격 10,200원
자료구성
일본4_일본어문학여행_과제물완성본(견본).hwp
합계 : 10,200
자료목차 및 주제
1. 회화문의 내용을 참고하여 池山 씨에게 보내는 이민호 입장의 감사 편지 쓰기

2. 문학여행 『一房の葡萄』의 인용문
1) 전문을 ひらがな로 옮겨 쓰고, 한국어 번역하기
2) 원작, 번역서, 인터넷 자료를 활용한 줄거리 요약



- 목 차 -

1. 회화문의 내용을 참고하여 池山 씨에게 보내는 이민호 입장의 감사 편지 쓰기

2. 문학여행 『一房の葡萄』의 인용문
1) 전문을 ひらがな로 옮겨 쓰고, 한국어 번역하기
2) 원작, 번역서, 인터넷 자료를 활용한 줄거리 요약



자료내용 미리보기
1. 회화문의 내용을 참고하여 池山 씨에게 보내는 이민호 입장의 감사 편지 쓰기

拝啓、池山さん。
こんにちは、イ・ミンホです。
日ごとに秋の深まりを覚えるこの頃ですね。
いつも心かけてくださいますこと、感謝いたしております。 
この前、横浜ではおかげですごく楽しかったです。
特に中華は本当に素晴らしい味でした。
あますっぱい冷菜も良かったし、エビチリとチャーハンも日本式中華を感じれる、とっても美味しい食事でした。
酢豚はもう、最高って言葉も足りないくらい美味しかったです。
さくさくとするあの食感は、韓国の酢豚とはまたちがう味ですごく新鮮でした。
あ、そして池山さんが僕に苦手なものはないのか聞いてくださったこと、心から感動しました。
池山さんは他人の事を先に思う、本当に優しい人だと改めて感じました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

感謝を込めて、イ・ミンホより。


2. 문학여행 『一房の葡萄』의 인용문

1) 전문을 ひらがな로 옮겨 쓰고, 한국어 번역하기

ぼくはちいさいときにえをかくことがすきでした。ぼくのとおっていたがっこうはよこはまのやまのてというところにありましたが、そこいらはせいようじんばかりすんでいるまちで、ぼくのがっこうもきょうしはせいようじんばかりでした。そしてそのがっこうのいきかえりにはいつでもほてるやせいようじんのかいしゃなどがならんでいるかいがんのとおりをとおるのでした。ふとぼくはがっこうのともだちのもっているせいようえぐをおもいだしました。



- 중략 -